遺品整理をするならトラブルを回避する方法も知るべき

遺品整理トラブルで一番多いのはお金のこと

大事な家族の遺品を任せるために知っておくこととは

遺品整理業者は、遺族の代わりに故人の遺品の整理や供養を行ってくれるだけではありません。不用品の買取や家財などの処分も行っている業者もあります。そして時には悪質な業者もいます。そんな業者に大事な家族の遺品を任せないためにも、どんなトラブルが多いのか知っておきましょう。

遺品整理トラブルで多い事例ベスト5

no.1

不正な請求や追加料金

遺品整理の価格相場は一般的に知られていません。そのため、通常より高い金額を請求する悪徳業者がいます。また、他の業者と見積もりを比較した時に安かったのでお願いしたのに、後に高額な追加料金を請求されたケースもあります。

no.2

不法投棄をする

遺品の処分には費用がかかります。そのため、費用や手間を省く目的で山中や川に不法投棄する業者もいます。遺品などに個人を特定する情報があれば、遺品整理をお願いした家族に連絡がいきます。違法投棄をしたと疑われてトラブルに繋がるので要注意です。疑われないためにも領収書などは大事に保管しましょう。

no.3

強引にリフォームを薦めてくる

遺品整理でリフォームが必要になることはほとんどないです。特殊清掃が必要になる場合もありますが、もしも強引にリフォームを薦められる場合は断りましょう。本当にリフォームが必要な場合は、リフォーム業者に依頼をするといいです。

no.4

大事な貴重品も処分された

遺品整理の作業をしっかり理解している業者は、きちんと貴重品を残してくれます。しかし、遺品整理のノウハウが乏しい業者だと、遺品に隠れた貴重品に気づかずに処分してしまいます。大事な通帳や現金、貴金属を処分されたというトラブルは少なくありません。

no.5

近所迷惑になる雑な作業

遺品整理だけでなく、不用品回収もしている業者に多いトラブルです。普段の不用品回収と同じような感覚で、遺品整理も行ってしまいます。そうなると、遺品をトラックに乗せるときに大きな音を立てて投げ入れたり、ホコリを散らしてそのまま、という近所に迷惑をかけるトラブルなどが発生するでしょう。

遺品整理をするならトラブルを回避する方法も知るべき

障子

注意点を確認しよう

遺品整理でトラブルにあわないためには、きちんとした業者を選ぶことが大切です。遺品整理を専門に扱っている業者を選ぶことが一番重要です。安い価格を全面に出したり、不用品回収なども兼業しているところには注意しましょう。

トラブルの解決方法とは?

もし遺品整理トラブルにあってしまった場合は、まずその業者と話し合いましょう。しかし、悪質な業者だと一筋縄ではいかないときがあります。解決しそうにないときは第三者機関へ相談しましょう。一番手っ取り早く解決する方法は行政書士や弁護士に依頼することです。

念入りに業者を選ぼう

悪質な遺品整理業者の手口は年々巧妙になっています。遺品整理をお願いするときの業者選びは念には念を入れて行いましょう。福岡で遺品整理を依頼する際も注意するといいです。

遺品整理を経験した人の声

お願いしてよかった

亡くなった父の大量にある遺品を整理するために遺品整理業者にお願いしました。遺品整理士の資格を持った業者にお願いしたので何の問題もなく終わりました。スッキリした部屋を見て少し寂しくなりましたが、やってよかったです。

立ち会いが無理でもお願いできました

仕事が忙しくて遺品整理に立ち会うことが難しかったのですが、鍵を預けてお願いすることができました。作業を始めるときと終わりのときに連絡をしてくれたので安心でした。貴重品が見つかったときにも連絡があったのでしっかりしてるなと関心しましたね。

相談してよかったです

部屋の状態があまりにも酷かったのですが、相談したところ大丈夫ですと引き受けてくれました。事前に打ち合わせもしてくれたので良かったです。貴重品も大事に残してくれたことに感謝しています。

夜遅くの作業も対応してくれました

近所の人たちに知られたくないと相談したら、なんと深夜に遺品整理をしてくれました。深夜なので音で周りに迷惑がかかったら嫌だなと思っていたんですが、静かに作業を終わらせてくれました。ありがたかったです。

広告募集中