葬儀場を探すならお別れの仕方も考えておこう

故人を尊重した葬儀

故人の意見を尊重し、天国へ気持ちよく行けるような葬儀を行いたいと考えている人は多いのではないでしょうか。葬儀の種類はいくつかあります。その中でも自宅葬と斎場葬の違いを知り、故人にとってどちらが良いか考えましょう。

自宅葬と斎場葬の違い

自宅葬

自宅葬は費用があまりかからないのでリーズナブルに行うことができます。そして何より、故人が暮らしていた思い出の場所で葬儀をすることができるので、遺族にとってはとても印象深いお別れになることでしょう。

斎場葬

斎場葬は火葬場も併設した式場や会館で葬儀が行われます。費用がかかりますが、設備が整っているので安心して執り行うことができます。また、多くの人を呼んで故人とのお別れをすることができます。

葬儀をするなら葬儀に関する基礎知識を固めよう

葬儀

日本の葬儀は別れを偲ぶため

葬儀をすることによって、人の命の尊さや死への悲しみを学ぶことができます。葬儀は旧石器時代から儀式のように行われていました。宗派によって葬儀に対する考えは異なります。しかし、日本の葬儀は故人とのお別れを目的に行われるのです。

挨拶回りやお礼状を送ろう

葬儀を終えた翌日から、手伝ってくれた方や職場の方、ご近所の方に挨拶回りをします。挨拶回りができない場合はお礼状でも大丈夫です。また、名義変更などのやらなければならない事務手続きもあります。事務手続きには期限が定められているので事前確認をしましょう。そこで、葬儀をする上でやっておいて良かったことをランキングにしました。江戸川区周辺で葬儀をお考えの方は是非参考にしてみて下さい。

葬儀をするときに参考にできることをランキングで紹介

no.1

葬儀社を比較検討

昔は葬儀に関する事前相談を縁起が悪いと思っている方がほとんどでした。しかし、最近ではそういった考えを持つ人は少なく、インターネットなどで比較をするのが主流になってきています。いくつかの葬儀社を比較しておくと、だいたいの内容や費用を把握できます。葬儀の流れが分からず、忙しく動き回って故人とちゃんとお別れできなかった、という状況を回避できます。

no.2

色とりどりの花を飾る

葬儀といえば白い菊の花というイメージがあります。しかし、最近では好きな花を飾る人が増えてきています。故人が好きだった花や、思い出の花、季節の花など、自由な色とりどりの花で故人を天国へ送り出しましょう。

no.3

好きな音楽をかける

クラシックが主流だった音楽も、最近では自由に流すことができます。アカペラや生演奏などバリエーションも豊富です。故人が好きだった音楽がわからない人は、故人に是非聞いてほしかった音楽や、贈りたい音楽を流しましょう。

思い出の品を飾って故人を偲ぼう

最近の葬儀では故人の好きな花を飾ったり、好きな音楽を流す他に、思い出の品を飾る人が増えてきています。思い出を飾ることによって、知らなかった故人の一面を見ることができます。また、思い出の品を眺めながら故人を想うことで、お見送りにもさらに気持ちがこもるのではないでしょうか。

[PR]
遺品整理を富山で希望
初めての人でも簡単に利用できる

[PR]
葬儀を江戸川区の業者に依頼
親身になって対応してくれる

広告募集中